FC2ブログ
仙台市青葉区旭ヶ丘にオープンした小さな小さなアトリエ・カイト。 ちっちゃなこどものいるママのためのカルトナージュのワークショップと手しごとのもののショップ、育児イベントの貸しスペースを行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Atelier kay・T
 
[スポンサー広告
神戸の震災から15年目
明日で神戸の大震災から15年が経ちます。

あの日、私は被災していたかもしれませんでした。

大学3年生の冬休み、
当時九州の大学へ通っていた私は、
高校の同級生6人と長野へスキーに行き、
帰りに神戸の東灘区の友達の家に泊まる予定でした。
1月16日の夜21時頃、新神戸駅から彼女の家に電話をすると、
「風邪で熱があるから、ごめんね。今日は泊められない」と。
そのまま新幹線に乗り、急遽実家の岡山に戻りました。
翌早朝、私の寝ていた部屋でも震度5強の揺れ。
どーんと縦に揺れたのがわかりました。
初めての大きな地震で、どうしていいかわからず布団を頭からかぶって、
なぜか死んだふりをしてみました。
それだけパニックだったのです。
揺れが収まるとすぐに両親の寝ている部屋に行き、NHKを点けた記憶が
今でも鮮明に残っています。
なにごとか起こったかわからない状態から、
少しずつ関西で大きな地震があったらしいということがわかりました。
当時予備校生で大阪にいた弟のところへすぐに電話をかけましたが、
昼までつながりませんでした。
ようやくつながり、弟の無事が判明。
部屋のテレビが倒れてきただけで、けがはないとのことでした。

しばらくして、神戸の友人の家にも電話をかけましたが、
なかなかつながらず、翌々日になってようやく、連絡が取れました。
神戸の大学に通っていた彼女は1Kのマンションを借りていましたが、
マンションが半壊だったそうです。
部屋はめちゃくちゃ。怪我はなかったと聞いてほっとしました。

もし、彼女が風邪を引かず、私が部屋に泊まっていたら。
彼女か私が、
もしかしたら二人とも怪我をしていたか命を落とさなかったという
確証はどこにもありません。

今、こうして生きていることに感謝できることが
幸せです。

今日、神戸新聞の記者の目から見たドラマが放映されていました。
最後に映った、被災した女性(当時女の子)のはにかみながら笑いながら、
言葉が印象的でした。
取材者「神戸を離れたことはありますか。
女性「いいえ。ずっと神戸です。」
その言葉には、神戸で生きてきたことへの自負が表れていました。
自分の生きる場所を愛せること、
大事に思って大事に生きてきたからこそ。

「あの頃は助け合って生きるのが当たり前だった。」
そう話した女性もいました。

震災があったことを、震災から教わったことを
忘れないように、
前に向かって生きていこう。

毎年、そう考えます。

神戸の震災でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

ハイチの震災の被災者にお悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト
Posted by Atelier kay・T
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://atelierkayt.blog83.fc2.com/tb.php/62-5f815114
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。